Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都大学、博物館展示室で個人情報記載の展示資料を紛失

京都大学が、6月9日に同大学の総合博物館で開催されている企画展で、資料として展示されていた1001名分の名刺のコピー冊子を紛失したことがわかった。盗難の可能性が高いという。

所在が不明となっているのは、同大学の総合博物館で開催中の企画展「コンピュータに感覚を」で展示されていた名刺1001名分のコピー。同大学の名誉教授が在学中に受け取ったもので、資料として展示していた。名刺は最も新しいもので1985年当時のものだが、そのうち36件には自宅の住所が含まれていたという。

展示室内で、「名刺読み取り装置」を体験できるコーナーに置いてあったが、閉館後に紛失していることが判明。同大学では盗難の可能性が高いとして、今後は展示方法や監視体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし