Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都大学、博物館展示室で個人情報記載の展示資料を紛失

京都大学が、6月9日に同大学の総合博物館で開催されている企画展で、資料として展示されていた1001名分の名刺のコピー冊子を紛失したことがわかった。盗難の可能性が高いという。

所在が不明となっているのは、同大学の総合博物館で開催中の企画展「コンピュータに感覚を」で展示されていた名刺1001名分のコピー。同大学の名誉教授が在学中に受け取ったもので、資料として展示していた。名刺は最も新しいもので1985年当時のものだが、そのうち36件には自宅の住所が含まれていたという。

展示室内で、「名刺読み取り装置」を体験できるコーナーに置いてあったが、閉館後に紛失していることが判明。同大学では盗難の可能性が高いとして、今後は展示方法や監視体制を見直して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性