Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましやゼロデイアタックに注意 - トレンドマイクロ5月度レポート

トレンドマイクロは、2006年5月のウイルス感染被害レポートを発表した。

同社レポートによれば、5月の報告数は7326件。先月の7039件より若干の増加傾向にあるが、ウイルスごとの報告数は減少しており、新種や亜種の増加によるものではないかと同社では分析している。

ランキング1位は先月と変わらずスパイウェア「SPYW_GATOR」だった。2位はセキュリティホールを攻撃する「JAVA_BYTEVER」だった。

また今月は送信者を「防衛庁」や「日本経済新聞」を騙るなりすましメールが発生。さらに5月19日にMicrosoft Wordの脆弱性を悪用したゼロデイアタックが確認されている。同社では、心当たりのないメールに対して注意するよう促している。

(Security NEXT - 2006/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加