Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りPCが事務所荒らし被害に - 西松建設

西松建設は、4月22日から24日にかけて埼玉県内の作業現場の事務所が荒らされ、顧客情報92件が保存されたパソコン2台が盗難に遭ったと発表した。

施錠されていた作業事務所のガラス戸が割られ、室内のパソコン2台が盗まれた。被害に遭ったパソコンには、同社施工の集合住宅を購入した顧客の個人情報92件が保存されていた。氏名、住所、部屋番号、電話番号などが含まれていたという。

該当する顧客に対しては、個別に訪問して経緯説明と謝罪をしている。今後は、個人情報の厳正な取り扱いに関する再教育を実施するなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ