Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検疫ソリューションにWinnyの自動検出、削除機能を追加 - IIJら

インターネットイニシアティブとネットケアは、セキュリティ対策が不十分なパソコンを隔離して対策を行うことで社内ネットワークを保護する「IIJ検疫ネットワークソリューション タイプB」に、Winnyの自動検出、削除機能を追加した。

同ソリューションは、セキュリティ対策が不十分なパソコンを自動的に検知、隔離して対策を行う検疫ネットワークを構築することで、安全な社内LAN環境を実現するもの。顧客のネットワーク環境に合わせて、ゲートウェイ型のタイプAとLAN型のタイプBが用意されている。

今回機能が追加されたのは、中、大規模LAN向けのタイプB。セキュリティ対策状況の定期検査を行う際、同時にWinnyプログラムファイルの有無も検査する。Winnyの動作を検知すると、プロセスを停止させてからプログラムを削除する。亜種も含めた82種類のWinnyに対応しているという。

(Security NEXT - 2006/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース