Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検疫ソリューションにWinnyの自動検出、削除機能を追加 - IIJら

インターネットイニシアティブとネットケアは、セキュリティ対策が不十分なパソコンを隔離して対策を行うことで社内ネットワークを保護する「IIJ検疫ネットワークソリューション タイプB」に、Winnyの自動検出、削除機能を追加した。

同ソリューションは、セキュリティ対策が不十分なパソコンを自動的に検知、隔離して対策を行う検疫ネットワークを構築することで、安全な社内LAN環境を実現するもの。顧客のネットワーク環境に合わせて、ゲートウェイ型のタイプAとLAN型のタイプBが用意されている。

今回機能が追加されたのは、中、大規模LAN向けのタイプB。セキュリティ対策状況の定期検査を行う際、同時にWinnyプログラムファイルの有無も検査する。Winnyの動作を検知すると、プロセスを停止させてからプログラムを削除する。亜種も含めた82種類のWinnyに対応しているという。

(Security NEXT - 2006/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開