Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策にソフトウェアキーボードを導入 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、オンラインでの取り引きを提供する「郵貯インターネットホームサービス」において、ソフトウェアキーボードの導入などスパイウェア対策を、4月17日より導入する。

今回のソフトウェアキーボード導入により、キー入力の詐取防止はもちろん、画面上のキーの配置をログインのたびにランダムに変えて配置するため、クリックした位置を記憶してパスワードを盗むタイプのスパイウェアにも有効。また、クリックの際にはキーの文字が隠されるため、クリック時の画面を撮影して入力情報を盗むこともできない。

また同社では、同サービスにおける1日の送金限度額引き下げ手続きを、パソコンや携帯電話からでもできるよう簡易化した。送金限度額を高額に設定していると、万が一暗証番号が盗まれた場合被害が大きくなるとして、必要最小限に抑えるよう勧めている。

(Security NEXT - 2006/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意