Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークへの不正接続を検知して通信を遮断 - 日立システム

日立システムアンドサービスは、パソコンだけでなく、その他の機器も含めてネットワークへの不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード Ver3.0」を発売した。

同ソフトは、社内ネットワークへの不正接続を監視し、防止するもの。従来製品ではパソコンのみ監視対象となっていたが、今回発売される最新版では、携帯電話、カメラ、PDAなどネットワークに接続される機器全般の監視が可能となった。

また、ジュニパーネットワークスの「NetScreen」シリーズとの連動により、不正接続を検知した際には自動的に通信を遮断するよう設定することもできる。さらに、ネットワーク上の機器のMACアドレス取得から登録までの作業を容易にする機能も付加された。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も