Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

33支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、全支店で顧客情報の保管状況を調査した結果、33支店において計9277件の顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、預金や貸付信託、投資信託などの取引関係書類や、ローンに関する書類など。記載されている個人情報は書類によって多少異なるが、おもに氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出した形跡は認められないことから、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。

今回の調査は、同行では昨年12月に顧客情報を含むマイクロフィルムの紛失が判明したことを受け、実施されたもの。以前紛失したマイクロフィルム8枚のうち、4枚はその後行内で発見されたとしているという。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能