Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

33支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、全支店で顧客情報の保管状況を調査した結果、33支店において計9277件の顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、預金や貸付信託、投資信託などの取引関係書類や、ローンに関する書類など。記載されている個人情報は書類によって多少異なるが、おもに氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出した形跡は認められないことから、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。

今回の調査は、同行では昨年12月に顧客情報を含むマイクロフィルムの紛失が判明したことを受け、実施されたもの。以前紛失したマイクロフィルム8枚のうち、4枚はその後行内で発見されたとしているという。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性