Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年の脅威第1位は「SQLインジェクション」 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2006年版」を公開した。

同白書は、セキュリティの有識者で組織される「情報セキュリティ検討会」にて2005年に発生したセキュリティ上の10大脅威を編集し、今後の対策をまとめたもの。同機構へ届けられた不正アクセスや脆弱性の情報、一般に公開された情報を元に作成されており、94ページで構成されている。

今回の10大脅威の中でトップをかざったのは、大手ウェブサイトが攻撃された「SQL インジェクション」で、2位にウイルス感染によるWinny上への情報漏洩が続いた。3位は、音楽CD上へ「rootkit」がインストールされた事件となった。

そのほか、フィッシングsぎやスパイウェア、ボットのほか、情報家電の脆弱性などについても触れられている。10大脅威は以下の通り。同白書は同機構のサイト上よりダウンロードできる。

1位 事件化するSQLインジェクション
2位 Winnyを通じたウイルス感染による情報漏えいの多発
3位 音楽CDに格納された「ルートキットに類似した機能」の事件化
4位 悪質化するフィッシング詐欺
5位 巧妙化するスパイウェア
6位 流行が続くボット
7位 ウェブサイトを狙うCSRFの流行
8位 情報家電、携帯機器などの組込みソフトウェアにひそむ脆弱性
9位 セキュリティ製品の持つ脆弱性
10位 ゼロデイ攻撃

(Security NEXT - 2006/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令