Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査の謝礼金をエサに誘うフィッシングの新手口

ソフォスは、米国で発生している大手銀行の顧客調査を騙ったフィッシング詐欺メールを紹介し、注意を喚起している。

同社によれば、今回見つかったフィッシングメールは、チェース・マンハッタン銀行のオンライン部門を騙り、顧客調査に協力すれば謝礼金として口座に20ドルを振り込むという内容。実際は、同行を装った偽のサイトに誘導し、ユーザー名やパスワードなどを入力させて盗み出すという。

同社では、特にネットバンキングのユーザーはこの種のフィッシングメールに警戒し、個人情報や口座情報を入力させようとするサイトには十分注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大