Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「確実な安全策はWinnyを使わないこと」 - 内閣官房長官

安倍晋三内閣官房長官は、情報漏洩事故が多発していることなどを受け、3月15日午前の会見でWinnyについて言及した。

国民一人ひとりが対策を取ることが重要で、最も確実な安全対策はWinnyを利用しないことだと語った。政府機関で漏洩事故が発生していることも受け、各省庁に対策を指示したという。

さらに、内閣官房情報セキュリティセンターは、Winny経由で感染するウイルス「Antinny」について、利用者が気が付かない間に感染することが多く、流通しているファイルについても、出所が明らかでないものが多いと指摘、重ねてWinnyの利用そのものが危険であると指摘している。

また、OSのアップデートや最新ウイルスソフトを利用していても完全に感染を防げない点や、家族が利用することによる危険について注意を促している。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス