Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「確実な安全策はWinnyを使わないこと」 - 内閣官房長官

安倍晋三内閣官房長官は、情報漏洩事故が多発していることなどを受け、3月15日午前の会見でWinnyについて言及した。

国民一人ひとりが対策を取ることが重要で、最も確実な安全対策はWinnyを利用しないことだと語った。政府機関で漏洩事故が発生していることも受け、各省庁に対策を指示したという。

さらに、内閣官房情報セキュリティセンターは、Winny経由で感染するウイルス「Antinny」について、利用者が気が付かない間に感染することが多く、流通しているファイルについても、出所が明らかでないものが多いと指摘、重ねてWinnyの利用そのものが危険であると指摘している。

また、OSのアップデートや最新ウイルスソフトを利用していても完全に感染を防げない点や、家族が利用することによる危険について注意を促している。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」