Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士宮信金、委託会社社員のPCから手形情報がWinny上へ流出

富士宮信用金庫は、業務委託先の社員の私用パソコンがウイルスに感染し、顧客の手形決済情報1万3619件がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出したのは、2003年10月時点の手形決済情報1万3619件で、顧客名、金融機関コード、支店コード、口座番号、手形金額が含まれる。手形管理システムの開発、保守業務を委託しているNECとNECソフトの協力会社社員がデータを無断で持ち出し、個人所有のパソコンに保存。その後ウイルスに感染し、漏洩したとしている。

同信金によれば、漏洩した情報と関連する手形の決済はいずれも完了しており、流出した情報だけでは資金の移動は不可能で、被害が発生する可能性は低いという。

同信金と業務委託先であるNECとNECソフトは、共同で「富士宮信金・NEC情報事故共同対策本部」を設置。該当する顧客への個別対応を実施するとともに、金融機関や顧客からの問い合わせを受け付けるとしている。また、同庫では、今後委託先における適正な管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も