Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レコード会社21社、不正アップロードユーザーの情報開示をISPへ請求

レコード会社21社は、昨年12月から2月までのあいだにファイル交換ソフトを利用し、不正にデータを公開したユーザーの情報を開示するようISPに求めている。

日本レコード協会の会員と関連企業の21社で、著作隣接権である送信可能化権を侵害しているとし、各社は賠償請求を行うため、「プロバイダ責任制限法」に基づき、プロバイダ11社に対してユーザーの情報開示を求めたもの。

一昨年にも同様にユーザー情報の開示を受け、7名のユーザーと損害賠償について交渉を実施。1人あたり平均45万円の損害賠償で和解に至った経緯もあり、日本レコード協会では、今後も開示請求を継続していきたいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性