Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部監査で書類紛失が判明 - 愛知県中央信組

愛知県中央信用組合は、個人情報の管理状況の調査を実施したところ、一部個人情報を記載した書類の紛失が判明したという。

今回の調査により、12店舗において112件の書類が所在不明になっていることがわかったという。紛失した書類は国債関係では「保護預かり債券明細書」、投資信託関連では「顧客勘定元帳」「有価証券明細書」「取引日記帳」「買付日記帳」「残高照合通知書」「取引残高報告書」など。氏名、住所、口座番号、取引内容など、合計64名分の個人情報が含まれていた。

同信組では、今回の紛失を誤廃棄によるものとし、漏洩の可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2006/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII