Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

立命館大、受講生の採点表が所在不明に

立命館大学は、受講者165名分の情報が記載された採点報告表の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、同学部が2005年度に開講した講義の採点報告表。氏名、学生証番号、成績評価など受講者165名分の情報が記載されていた。

今回紛失した科目が大学コンソーシアム京都の単位互換制度に提供していたため、同大学学生125名だけでなく、他大学学生40名分の情報も含まれていたとしている。

紛失は、2月9日に判明したのち、学内で捜索を続けていたが発見されず、同大学では誤って廃棄された可能性が高いとしている。

同大学では、関係者への報告と謝罪をするとともに、文部科学省への報告も行った。また、原本資料をもとに紛失した報告表を復元したという。今後は、再発の防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ