Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西、委託先社員のPCから顧客情報などが流出

NTT東日本およびNTT西日本は、業務を委託している関連会社社員の私用パソコンがウイルスに感染し、顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出が判明したのは、氏名、住所、電話番号などを含む顧客情報1396件と、氏名、所属組織、電話番号、メールアドレスなどを含む、NTT東西の社員情報229件。該当する顧客に対しては、個別に報告と謝罪をする。また、社員にも順次対応するとしている。

両社では従来より、業務用ファイルの社外持ち出しを禁止していた。今回の事故を受け、社内ルールの周知徹底など管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応