Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西、委託先社員のPCから顧客情報などが流出

NTT東日本およびNTT西日本は、業務を委託している関連会社社員の私用パソコンがウイルスに感染し、顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出が判明したのは、氏名、住所、電話番号などを含む顧客情報1396件と、氏名、所属組織、電話番号、メールアドレスなどを含む、NTT東西の社員情報229件。該当する顧客に対しては、個別に報告と謝罪をする。また、社員にも順次対応するとしている。

両社では従来より、業務用ファイルの社外持ち出しを禁止していた。今回の事故を受け、社内ルールの周知徹底など管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院