Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ銀行の行員が顧客情報流出で逮捕 - 警視庁

警視庁は、みずほ銀行の行員が不正に顧客情報を持ち出し、第三者へ提供していたとして、同行業務監査部調査役の男性を業務上横領の容疑で逮捕した。

男性が同行新宿西口支店お客さまサービス2課の課長を務めていた際、約1200件の顧客情報を不正に入手し、暴力団関連企業へ提供していたとみられている。

個人顧客の漏洩した情報は628件で、氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号などが含まれていた。また、法人顧客は623件で、社名、住所、電話番号、設立年月日などが含まれる。

同行では、警察の捜査へ協力するとともに、顧客へ連絡し、事情を説明した上で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正