Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡銀行、ICチップ搭載キャッシュカードを発行開始

静岡銀行は、偽造カード対策として「しずぎんICカード」の取り扱いを3月1日より開始する。発行手数料は1050円。

ICチップ搭載カードを採用したもので、既存および新規の個人ユーザーを対象に提供する。キャッシュカードの「しずぎんICカード」とクレジットカード機能を搭載した「しずぎんjoyca」を用意した。

同行では、全店の店舗内に対応ATMを1台ずつ設置する予定。対応ATMがない店舗での利用を考え磁気ストライプを搭載している。利用限度額は1万円から300万円まで自由に設定できるが、磁気ストライプ利用によるご利用限度額は50万円とし、さらに希望により0円に設定することも可能。

(Security NEXT - 2006/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA