Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、P2Pソフト経由で顧客データがネット流出

日本アイ・ビー・エムは、業務用パソコンに保存されていた顧客企業8社のデータが、ファイル共有ソフトを通じてネット上に流出していたことが判明したと発表した。

流出が判明したのは、顧客企業8社に関する契約書、報告書、提案書など。同社員のパソコンに導入されていたファイル共有ソフトを介してネット上に流出。企業データの閲覧および入手が可能な状態にあったことが、外部からの連絡により判明した。また、同社員のパソコンにはさらに11社のデータが保存されており、これらのデータが流出した可能性もあるという。

同社では、該当する顧客企業に連絡し、事実説明と謝罪をした。また、業務用パソコンへのファイル共有ソフト導入を禁止する社内ルールが守られていなかったことを受け、ルールの再徹底と情報管理のさらなる強化を図って再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント