Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、P2Pソフト経由で顧客データがネット流出

日本アイ・ビー・エムは、業務用パソコンに保存されていた顧客企業8社のデータが、ファイル共有ソフトを通じてネット上に流出していたことが判明したと発表した。

流出が判明したのは、顧客企業8社に関する契約書、報告書、提案書など。同社員のパソコンに導入されていたファイル共有ソフトを介してネット上に流出。企業データの閲覧および入手が可能な状態にあったことが、外部からの連絡により判明した。また、同社員のパソコンにはさらに11社のデータが保存されており、これらのデータが流出した可能性もあるという。

同社では、該当する顧客企業に連絡し、事実説明と謝罪をした。また、業務用パソコンへのファイル共有ソフト導入を禁止する社内ルールが守られていなかったことを受け、ルールの再徹底と情報管理のさらなる強化を図って再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館