Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライブドア、送信ミス防止機能などを備えた「Eudora」最新版を発売

ライブドアは、送信ミス防止機能や迷惑メール振り分け機能などを備えた老舗メールソフト「Eudora 7J for Windows」を、2月10日より発売する。

最新版では、セキュリティ機能などが強化され、注意すべきアドレスを事前に登録しておくことで、メール送信時にそのアドレスが含まれていた場合に警告を表示する「ウッカリ送信防止機能」が追加された。また、迷惑メール振り分け機能や、フィッシング詐欺の防止に役立つURLチェッカー機能なども装備されている。

価格は、通常版が8379円。バージョンアップ版が6279円。2ユーザーパックが1万3440円。なお、2005年12月1日以降に「Eudora 6.2J for Windows」を購入したユーザーを対象に、無償バージョンアップを実施している。

(Security NEXT - 2006/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ