Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2005年12月のウイルス感染被害状況を報告

トレンドマイクロは、2005年12月のウイルスに関するレポートを公表した。スパイウェア「GATOR」が11月に引き続き1位を獲得した。

同社によれば、全体の被害報告は8065件から7363件へと減少傾向を見せているという。12月の被害件数トップはスパイウェアの「GATOR」で、被害件数は前月よりやや増加し363件に上った。被害が大きく増加したのは、3位にランクインしたトロイの木馬「AGENT」で、前月の約4倍弱の被害が発生しているという。また、2位と6位に「SHOPNAV」「HOTBAR」とアドウェアがランクインした。

また、Windowsの画像とFAXビューアの脆弱性感染するトロイの木馬「NASCENE.C」が12月末に発見されており、注意を促している。同トロイの木馬に感染すると、特定のサイトより不正なプログラムをダウンロードするという。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性