Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2005年12月のウイルス感染被害状況を報告

トレンドマイクロは、2005年12月のウイルスに関するレポートを公表した。スパイウェア「GATOR」が11月に引き続き1位を獲得した。

同社によれば、全体の被害報告は8065件から7363件へと減少傾向を見せているという。12月の被害件数トップはスパイウェアの「GATOR」で、被害件数は前月よりやや増加し363件に上った。被害が大きく増加したのは、3位にランクインしたトロイの木馬「AGENT」で、前月の約4倍弱の被害が発生しているという。また、2位と6位に「SHOPNAV」「HOTBAR」とアドウェアがランクインした。

また、Windowsの画像とFAXビューアの脆弱性感染するトロイの木馬「NASCENE.C」が12月末に発見されており、注意を促している。同トロイの木馬に感染すると、特定のサイトより不正なプログラムをダウンロードするという。

(Security NEXT - 2006/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開