Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA全農、12月中に発生した顧客情報の流出事故2件を公表

全国農業協同組合連合会は、2005年12月に発生した顧客情報の紛失、およびファックスの誤送信による流出事故について発表した。

最初の紛失事故は、12月15日に埼玉県本部において発生したもの。業務委託先の配送員が配送中、「送り状兼請求書」19枚の紛失に気が付いたという。同書類には顧客の氏名、住所、電話番号、配送商品名などが記載されていた。配送経路などを捜索したが、発見できなかったという。同会では、事故についても該当する顧客に対し謝罪した。

また12月16日には、同会が運営する兵庫県内のガソリンスタンドにおいて、利用者のクレジットカード売上伝票13枚をファックス送信する際、誤った番号に送信するという流出事故が発生した。誤送信した伝票のうち2枚には、漢字氏名、クレジットカード番号、有効期限、売上データなどが記載されていた。

同会では、誤送信先へ連絡し、該当データの削除を依頼したという。また、該当者にクレジットカード会社を通じて誤送信の事実を報告、謝罪したという。

(Security NEXT - 2006/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害