Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるソフトをダウンロードする「Sober.Z@mm」に注意

マイクロソフトは、大量メール送信型ワーム「Sober」の亜種「Sober.Z@mm」に注意するよう呼びかけている。

「Sober.Z@mm」は、電子メールの添付ファイルで感染するワーム。感染するとシステムのアドレス帳のアドレスへコピーを送りつけるもの。マイクロソフトによれば、同亜種は、1月6日に悪意あるソフトウェアをダウンロードし、実行するようプログラムされており、その後も数週間ごとに複数のサイトからソフトウェアのダウンロードに試みるという。

同社では、「Sober」の亜種を検出できるツール「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を2005年12月に公開しており、同亜種を駆除することが可能。さらに1月11日に同ツールの更新を行う予定。

(Security NEXT - 2006/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス