Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活金融公庫、私用PCのウイルス感染で顧客情報が流出

国民生活金融公庫は、12月12日に融資先など同社顧客情報53件がインターネット上に流出したと発表した。

職員の私用パソコンがウイルスに感染、流出したもので、同公庫によれば、流出した顧客情報は職員が無断で持ち出したものだという。

船橋支店の51件と板橋支店の2件、計53件。氏名、住所、契約内容といった個人情報が含まれていた。今回の事件を受け、該当する顧客に対し、事実説明と謝罪をしている。

同庫では、再発防止を目指し、顧客情報の持ち出し禁止や記録媒体への保存の制限、セキュリティ機能を備えたパソコンの導入などを進めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート