Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、SSLサーバ証明書にセキュリティサービスを付けて提供

日本ベリサインは、SSLサーバ証明書発行サービスにセキュリティ関連サービスを追加した「ベリサイン サーバIDプレミアム」の提供を開始した。

同サービスでは、2種のメニューが用意されており、いずれもグローバルサーバIDの発行に加え、セキュリティ関連サービスを用意した。「グローバル・サーバIDエクスプレスプレミアム」は、サーバIDを2営業日以内で発行、さらにセキュリティ情報のメールマガジン配信サービスを提供する。価格は、1年間有効で15万9600円から。

一方「グローバル・サーバIDサーバ監視プレミアム」では、サーバIDの発行に加え、サーバ監視サービス、セキュリティ情報のメールマガジン配信サービスを提供。サイトロックが提供する24時間365日の運用監視サービス「SiteCare for SSL」を採用し、問題が発生した場合は必要な情報を管理者へ通知する。価格は、1年間有効で30万300円から。

(Security NEXT - 2005/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動