Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染でWinny上に個人情報を流出 - JR西日本

JR西日本は、社員が自宅で使用する私用パソコンにウイルスが感染し、顧客2名および社員285名の個人情報がWinnyネットワーク上へ流出したと発表した。

同社によれば、流出したのは旅行商品を利用した顧客2名の氏名および電話番号と、神戸支社社員285名の氏名、社員番号、生年月日、年齢などの個人情報。11月24日の午後5時ごろ、流出が判明したという。

同社では、該当する顧客と社員に対し事実説明と謝罪をした。同社ではこれまで、個人情報の社外持ち出しを内規で禁止していたという。

(Security NEXT - 2005/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中