Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勤務中の私用目的メールは23% - ミラポイント調査

ミラポイント ジャパンは、米Mirapontおよび米Radicati Groupが実施した「企業Eメール利用状況調査」の結果を発表した。

同結果によれば、業務と関係ないメール利用は日常的に行われており、業務用パソコンの個人受信ボックス内の23%が、業務とは関係ない私用目的のメールであるという。また、72%が業務用メールを利用して業務に関係ない情報を同僚へ転送、さらに12%が楽曲の交換を行うなど違法行為を行っているという。

回答者の97%は個人のメールアドレスを持っており、そのうち25%は業務用メールを日常的に個人アドレスに転送しており、さらに業務用メールを個人アドレスから送信していると回答も6割を越えた。

個人アドレスを使用する理由には、会社のメールシステムに履歴が残らないようにするためとの回答もあり、同社では、知的財産や個人情報漏洩につながるおそれもあり、法的責任問題になりかねないと警告を発している。

(Security NEXT - 2005/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も