Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勤務中の私用目的メールは23% - ミラポイント調査

ミラポイント ジャパンは、米Mirapontおよび米Radicati Groupが実施した「企業Eメール利用状況調査」の結果を発表した。

同結果によれば、業務と関係ないメール利用は日常的に行われており、業務用パソコンの個人受信ボックス内の23%が、業務とは関係ない私用目的のメールであるという。また、72%が業務用メールを利用して業務に関係ない情報を同僚へ転送、さらに12%が楽曲の交換を行うなど違法行為を行っているという。

回答者の97%は個人のメールアドレスを持っており、そのうち25%は業務用メールを日常的に個人アドレスに転送しており、さらに業務用メールを個人アドレスから送信していると回答も6割を越えた。

個人アドレスを使用する理由には、会社のメールシステムに履歴が残らないようにするためとの回答もあり、同社では、知的財産や個人情報漏洩につながるおそれもあり、法的責任問題になりかねないと警告を発している。

(Security NEXT - 2005/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に