Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本、大宮駅で定期券の再発行申込書725枚を紛失

JR東日本は、大宮駅みどりの窓口において、個人情報の記載されたSuica定期券の「再発行・払いもどし申込書」725枚の紛失が判明したと発表した。

紛失が判明したのは、大宮駅みどりの窓口で2005年7月に受け付けた申込書の一部で、氏名、電話番号、性別、生年月日、定期券の区間などの個人情報が記載されていた。

紛失物は11月9日の時点で発見されておらず、内部調査では社内での帳票整理中に誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同社では謝罪するとともに、電話窓口を設置して顧客からの問い合わせに応じるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準