Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

普通預金の申込書116件を紛失 - 島根中央信用金庫

島根中央信用金庫は、顧客の個人情報が記載された申込書116件を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、2004年以前に受け付けた普通預金などの申込書116件で、氏名や住所、生年月日、電話番号などが記載されていた。

今回の紛失は、監督官庁の要請により、内部資料を点検した結果、判明したもので、店舗の新築移転や統廃合の際に誤って処分した可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」