Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、ウェブサイトの防御に特化したアプライアンスを発売

日本エフ・セキュアは、統合ウェブサイト防御アプライアンス「F-Secure Site Guard アプライアンス」を、12月20日より発売する。

同製品は、ウェブアプリケーションへの攻撃をブロックし、サーバへのウイルスの侵入、およびサーバからのウイルス拡散を防止する、ウェブサイトの防御に特化したソリューション。ラックの技術協力を受けて開発したもので、ファイアウォールやIDS、IPSでは防御できない攻撃にも対応する。

SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、クッキー情報の盗難といった攻撃をブロックできるほか、3種類のウイルス検索エンジンを搭載することにより高レベルのウイルス検査機能を実現。また、特定エリアからのアクセスのみを許可し、それ以外からの不正アクセスを遮断する「エリアフィルタ機能」を装備。日本語による管理も可能。

価格は、1ユニット260万4000円。次年度以降のサポートライセンスは、年額49万6000円。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者