Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外務省職員を詐称するウイルスメールが流通

外務省は、同省職員を詐称するウイルスメールが10月18日より流通しているとして、注意を喚起している。

問題となっているメールの発信者は同省の職員となっており、アドレスも同省のドメイン「mofa.go.jp」が記載されている。同省では、発信者を偽ったなりすましメールであり、添付されたファイルを開くとウイルス「W97M_EMBED.A」に感染するおそれがあるとし、注意を促している。

同省では、パソコンが作動しなくなったなどの被害は報告されていないとしながらも、心当たりのないメールを受信した場合には添付ファイルを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能