Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のセキュリティパッチは予告通り9件

マイクロソフトは、セキュリティパッチ9件を公開した。緊急が3件、重要が4件、警告が2件となっている。

Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムのほか、DirectShowやMSDTC、COM+ の脆弱性などについても、リモートでコードが実行されるなど、緊急に対応が必要としている。また、重要とされる4件いずれもリモートでコードが実行されたり、特権の昇格など、危険度が高い脆弱性が含まれる。

2005 年 10 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms05-oct.mspx

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会