Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、9月のトップ10ウイルスを発表 - 既存ウイルスが増加傾向に

ソフォスは、2005年9月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同社では、9月に1233件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、9月に使用されたメールのうち1.53%がウイルスメールで、15カ月間連続で減少傾向にあるという。

報告数のトップは「Netsky-P」で全体の18.6%を占め、2カ月連続で増加。同社によれば、ウイルスがトップ10に留まる平均期間は8カ月程度だが、同ウイルスは発見されて以来19カ月連続でチャートに入っているという。同社は長期にわたり被害が報告されている原因として、セキュリティソフトのアップデートを怠るなど、ユーザーのウイルス対策に関する意識が低いことを指摘している。

また、発見から時間が経過しているウイルス「Zafi-D」や「Netsky-D」の増加も目立った。さらに、「Mytob」ワームの亜種も依然として広くまん延しており、9月に報告された全てのウイルスのほぼ半分を占めているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-BE
W32/Mytob-AS
W32/Zafi-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CX
W32/Mytob-EP
W32/Mytob-CJ
W32/Mytob-C
W32/Mytob-CN

(Security NEXT - 2005/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」