Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Webアプリからの情報漏洩を防止する「Webコンテンツ保護サービス」

NTT西日本とマイクロソフトは、ウェブコンテンツの利用を制限する「Webコンテンツ保護サービス」を9月27日より提供する。

同サービスは、ウェブシステムにおける情報の保護を目的としたもの。「Microsoft Windows Rights Management Services」を活用したもので、閲覧や保存、印刷、編集、メール転送といった動作をサーバ上で権限を設定することができる。NTT西日本では、同サービスについてシステム構築から保守まで包括的なサポートを提供する。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性