Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉の福祉センター職員、車上荒らしで個人情報記載の書類を紛失

埼玉県は、8月31日に児玉福祉保健総合センター職員が車上荒らしに遭い、個人情報が記載された書類や、預かっていた通帳、キャッシュカードなどを紛失したと発表した。

同発表によれば、被害に遭ったのは母子寡婦福祉資金返還用の「納入通知書兼領収書」13名分、および「母子福祉資金償還期間・償還方法変更決定通知書」1名分で、いずれも住所や氏名などが記載されていた。また、預かっていた郵便貯金通帳1名分およびキャッシュカード2名分も紛失した。

今後は、被害に遭った個人情報を特定のうえ、該当者に謝罪して適切な対応を講じるとともに、早急に地域機関の所長を招集し、個人情報の管理体制を徹底するよう指示するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村