Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

目立つ「ボット」の被害報告、8月だけで300種類発見 - トレンドマイクロ8月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年8月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、8月のウイルス感染被害の総報告数は2495件で、7月の2295件からわずかに増加した。目立っているのは「ボット」の報告で、全体の報告数の1割程度を占めており、8月だけでも300種類以上が発見された。また、ウイルス1種類ごとの報告件数は減少しており、被害の分散傾向がうかがえるという。

8月14日に登場した「WORM_ZOTOB.A」は、8月10日に公開されたWindowsのセキュリティホール「MS05-039」を悪用し、ネットワークを通じて感染を広げるウイルス。国内での影響はわずかだったものの、セキュリティホールが公開されてから4日間でそれを悪用したウイルスが登場したということで、ユーザーがセキュリティパッチを適用する猶予期間がますます短くなってきたことを印象づけた。

(Security NEXT - 2005/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意