Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフトとKNSL、情報漏洩防止ソリューション「秘文」を海外展開

日立ソフトウェアエンジニアリングとKDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は、日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文」を北米や欧州、アジアなど海外展開のため協業すると発表した。

個人情報保護法施行の影響により、国内拠点だけでなく、海外支店や現地法人などの個人情報保護ソリューションのニーズが高まっていることをうけ、海外での展開を開始する。英語版の製品名は「HIBUN」となり、9月より販売を開始する。KNSLと日立ソフトは、3年間で20万ライセンスの売上げを目指す。

また、日立ソフトは同社の情報漏洩防止製品である「秘文AE Information Cypher」「同Information Fortress」「秘文AE Server」の3製品についても英語対応版を開発し、11月にリリースする予定。

KNSLは一次代理店として、日本語と英語によるサポート窓口を開設。また、KDDIの現地法人や日立ソフトの現地法人である日立ソフトウェアエンジニアリングアメリカが販社となり、顧客への販売、導入構築、SEサポートを行う。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中