Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリングソフトメーカー2社へ有害サイト情報を提供 - 警視庁

フィルタリングソフトを開発するデジタルアーツとネットスターは、警視庁から犯罪、有害サイトに関する情報の提供を受けると発表した。

両社では、犯罪関連サイトを含む、インターネット上のサイトの情報を日々収集し、URLデータベースのアップデートを常時行っている。今回の連携によって、犯罪関連のサイト情報が、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターから提供される。

提供された情報を、製品向けのURLデータベース構築に活用することで、意図せず有害サイトを利用して犯罪被害に遭う危険を軽減するという、フィルタリングソフトの効果の拡大が期待されるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」経由の不正引出、23件があらたに判明
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携