Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天市場での顧客情報流出、ビッダーズにも波及

ディー・エヌ・エーは、ショッピングサイト「ビッダーズ」の出店舗より顧客情報が流出していたと発表した。楽天市場の個人情報漏洩事件と同一店舗だという。

同社によれば、流出が確認されたのは、センターロードが出店している店舗「AMC」での取引きに関わる個人情報8456件。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購入商品名などが含まれている。クレジットカード情報の流出は、現時点では確認されていないという。

同社では楽天市場での情報漏洩事件を受け、社内調査を実施するとともに、楽天、センターロード、および報道機関に対して情報提供を求めてきた。そして8月9日、大手報道機関が保有する同店舗の取引データとビッダーズの取引データを照合した結果、流出した情報にビッダーズ内の同店舗における取引情報が含まれていることを確認したという。

同社では、同店舗での取引実績があるユーザーに対し、現時点で把握されている事実と今後の対応についてメールで報告し、注意を喚起する。今後は、同社および各店舗における個人情報管理体制を強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ