Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェック、セミナー受講者のメールアドレスを流出

ジェックは、7月11日に同社セミナー参加企業宛てにメール送信する際に操作を誤り、メールアドレスが流出する事故が発生したと発表した。

同社では、同報配信する際にBCCを用いたが、データ中に改行があり、メールソフトが改行後を本文として扱ったため、139名分の企業担当者のメールアドレスが流出したという。

同社では、同メールが送付された39件の送信先に対して電話やメールにて削除を依頼したとしている。

同社では、以降BCCのメール配信を廃止し、別のシステムを導入するとしている。また社員に対して事件を周知徹底するなど、教育を強化する予定。

(Security NEXT - 2005/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を