Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀行、スパイウェアによる不正振込額は400万円弱

ジャパンネット銀行は、スパイウェアの情報詐取による不正取引の状況を公開した。

同行によれば、7月12日現在6件の被害が発生しており、合計金額は379万6000円に上った。顧客からの連絡により不正利用が判明。警察へ被害届を提出、捜査へ全面的に協力しているという。

犯行手口は、スパイウェアが仕組まれたメールが送りつけられ、パソコン内のパスワード、暗証番号などを詐取され、被害者に成りすました上で不正な振り込みなどが行われている。同行では、被害額を全額を補償する方針。

同行では、新たなセキュリティ強化策として、携帯電話による振込ロック機能および振込出金限度額の即時変更機能を7月21日に導入する予定。また、8月より年間300万円を限度とした不正振込専用保険の導入するとしている。保険料は同行が負担する。

(Security NEXT - 2005/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用スマホでフィッシング被害 - 歯科用機器メーカー
ランサムウェア「ESXiArgs」対応でCISAとFBIが共同ガイダンス
米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
受験生の個人情報を試験場で紛失した可能性 - 日大
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開