Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサインとKDDI、企業独自の電子証明書を搭載するサービスを提供

日本ベリサインとKDDIは、企業が独自に発行した電子証明書を「au ICカード」対応のau携帯電話に格納できるサービス「ベリサイン マネージドPKI for Mobile」の提供を開始する。

同サービスは、企業独自の電子証明書を、2005年9月より提供を予定している「au ICカード」対応の携帯電話に搭載できるサービス。これにより、独自の証明書発行ポリシーおよび審査基準に基づいて証明書を発行できるようになり、携帯電話から企業ネットワークへのアクセスコントロールに電子証明書を利用できる。

認証局の構築を日本ベリサインにアウトソーシングすることで、認証局を設計、運用、維持するためのコストを省くことができる。また、携帯電話からの企業ネットワークへのアクセスを認証局単位でコントロールできるため、管理が容易となっている。

(Security NEXT - 2005/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター