Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンクライアント環境でも利用できる監査ソリューション「Digital Guardian 3.0」

三井物産セキュアディレクションは、米Verdasysの情報保護対策ソリューション製品「Digital Guardian 3.0」を発売すると発表した。

同製品は、ユーザーや管理者の操作を常時モニタリングし、あらかじめ定義したセキュリティポリシーに違反する行為をリアルタイムに自動検出することが可能。

最新バージョンでは、ユーザーインタフェイスが一新され、さらに操作性が向上した。また、エージェントが改良され、詳細なコントロールが設定できるようになったという。

そのほか、Active DirectoryやLDAPとの連携強化や、Citrix Presentation ServerやMS Terminal Serverにも対応し、シンクライアント環境においても操作履歴の管理を実現している。

同製品は、2005年6月に開催された「Interop Tokyo 2005」のBest of Show Awardにおいて情報セキュリティ製品部門のグランプリを獲得している。

(Security NEXT - 2005/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県