Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、6月のトップ10ウイルスを発表 - 「Mytob」の亜種がまん延

ソフォスは、2005年6月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、6月はワーム「Mytob」の亜種が多く出回った。その結果7種がトップ10入りし、報告数全体の40%を占めた。1位の「W32/Mytob-BE」はメールによって拡散し、感染したコンピュータへの、外部からの不正なアクセスを許すバックドアを開くなど被害が発生。さらに、セキュリティ関連のサイトへのアクセスを遮断するため、ユーザーが駆除情報を入手することを困難になるという。

同社では、6月に1434種類の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、6月に使用されたメールのうち2.3%がウイルスメールで、これは先月に比べて減少しているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Mytob-BE
W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Mytob-EP
W32/Mytob-CM
W32/Mytob-CN
W32/Mytob-AT
W32/Zafi-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CJ

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム