Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大手人材派遣のアデコ、不正アクセスにより個人情報6万件が漏洩か

アデコは、ウェブサーバが不正アクセスを受け、同社ウェブサイトの利用者情報約6万件の個人情報が流出したおそれがあると発表した。

同社では、不正アクセスの形跡があったことから、外部機関へ調査を依頼。その結果判明したもので、2005年1月18日から6月2日までの間に不正アクセスが発生したおそれがあるという。ウェブサイトより人材派遣サービスの登録を申し込んだり、仕事の申し込みを行った利用者の情報6万1876件に漏洩のおそれがある。

漏洩した情報には、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなど、個人情報が含まれていた。

同社では、関係省庁へ状況を報告した。また、該当する利用者に対して事故を報告するほか、事故の調査を実施する予定。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性