Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大手人材派遣のアデコ、不正アクセスにより個人情報6万件が漏洩か

アデコは、ウェブサーバが不正アクセスを受け、同社ウェブサイトの利用者情報約6万件の個人情報が流出したおそれがあると発表した。

同社では、不正アクセスの形跡があったことから、外部機関へ調査を依頼。その結果判明したもので、2005年1月18日から6月2日までの間に不正アクセスが発生したおそれがあるという。ウェブサイトより人材派遣サービスの登録を申し込んだり、仕事の申し込みを行った利用者の情報6万1876件に漏洩のおそれがある。

漏洩した情報には、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなど、個人情報が含まれていた。

同社では、関係省庁へ状況を報告した。また、該当する利用者に対して事故を報告するほか、事故の調査を実施する予定。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券