Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの脆弱性チェックリストを緊急公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、 ウェブサイトの脆弱性に対する不正アクセスが頻発していることを受け、ウェブサイトの脆弱性が悪用された際の被害を回避するためのチェックリストを公表した。

ウェブアプリや稼働するサーバの脆弱性対策、ネットワークのセキュリティ対策、いずれも必須の対策として注意を喚起しており、脆弱性対策の実施状況を確認するためのチェックポイントリストを公表している。

IPAでは、ウェブサイトの脆弱性に関する届出を受付けており、該当ウェブサイトへ連絡、修正するよう案内している。2004年7月から今年5月までに227件の届出があったという。

(Security NEXT - 2005/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省