Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミサワホーム東海、34件分の顧客情報を盗難により流出

ミサワホーム東海は、6月15日に三重県内営業事務所において不法侵入事件が発生し、34名分の顧客情報が含まれたファイルおよびパソコンが盗まれたと発表した。

同社によれば、盗難に遭った業務用ノートパソコン2台には10名分の、ファイルには24名分の顧客情報が記録されており、氏名、住所、建築地、請負金額、勤務先などの個人情報が含まれていた。

ただちに付近を捜索したが発見できず、盗難届を提出。その後ファイルは回収されたという。同社ではすでに被害に遭った顧客に対して事実説明を行い、謝罪している。

同社によれば、事件の発生した事務所では、パスワード化や暗号化といった、個人情報保護のルールが遵守されていなかったという。今後は個人情報の取り扱いルールを徹底するとともに、パソコンの保管場所および保管方法など、盗難対策を実施して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も