Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、1日40万通を送信していた迷惑メール事業者に初の業務停止命令

経済産業省は、迷惑メール事業者に対する初の業務停止命令を行った。また、ワンクリックによる不当請求についても是正指示を出した。

今回の行政処分は、出会い系サイトおよびアダルト画像サイトを提供している「エス・ケー・アイ」「アジアン・オアシス」の一部通信販売業務に対し、特定商取引法違反として3カ月の業務停止命令を行ったもの。同省が同法に基づき、迷惑メール事業者に対して業務停止命令を行ったのは今回がはじめて。

同省によれば、両社は運営サイトの広告を電子メールで不特定多数に送付していたが、「未承諾広告※」を表示しなければならない義務を遵守していなかった。さらに、事業者名称や受信拒否に関する表示が欠落していたという。

さらに、送信元には偽造アドレスを使い、ヘッダ情報も改ざんするなど、受信者に送信元がわからないようにして1日約40万通、1カ月約1200万通を送付していたという。

また、同省では、「エス・ケー・アイ」に対してワンクリックによる強制登録を行っている点に対し、是正を指示する行政処分を行った。画像を1回クリックしただけで、強制的に入会登録され、入会金5万円や利用料金18万円を請求していたという。また、入会登録と同時に同社が運営する別の有料サイトに同時入会登録され、合計4サイト分92万円を請求していたとしている。

(Security NEXT - 2005/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック