Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、5月のウイルス検知状況を発表 - トロイの木馬が引き続き増加

マカフィーは、2005年5月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、脆弱点を狙うトロイの木馬が引き続き増加中で、検知企業数トップ10と検知マシン数トップ10に占める割合が、先月の7種から8種に増えた。

企業数およびマシン数ともに1位の「Exploit-MhtRedir.gen」にはブラウザを特定サイトにリダイレクトする機能があり、ハッキングされて感染したサイトを多くのユーザーが閲覧し、感染が拡大した可能性があるという。

また、「Mytob」の亜種が多く発見されており、同日に複数種発見されることもある。この亜種は、ウイルスベンダー各社の最新のウイルス定義ファイルを通過することを確認したうえでばらまかれており、日々更新される定義ファイルでは間に合わないケースも考えられるという。

(Security NEXT - 2005/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会