Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コスモスライフ、409件の顧客情報が記載された資料が車上荒らし被害に

マンション管理会社のコスモスライフは、5月31日に社員が車上荒らしに遭い、同社が管理する12棟409戸のマンションに住む顧客の個人情報が記載された資料を紛失したと発表した。

同社によれば、社員が管理受託マンションを巡回し、文書の投函作業を行っている間に、駐車中の車両の窓が破られ、車中のバックなどが盗まれた。その中には、管理を受託しているマンション12棟409戸に住む顧客のマンション名、部屋番号、氏名、電話番号などの個人情報が記載された資料が入っていた。

同社ではただちに被害届を提出するとともに、該当する顧客を訪問して経緯説明と謝罪を行っている。また再発防止に向け、顧客情報の保護に関する従業員教育の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区