Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コスモスライフ、409件の顧客情報が記載された資料が車上荒らし被害に

マンション管理会社のコスモスライフは、5月31日に社員が車上荒らしに遭い、同社が管理する12棟409戸のマンションに住む顧客の個人情報が記載された資料を紛失したと発表した。

同社によれば、社員が管理受託マンションを巡回し、文書の投函作業を行っている間に、駐車中の車両の窓が破られ、車中のバックなどが盗まれた。その中には、管理を受託しているマンション12棟409戸に住む顧客のマンション名、部屋番号、氏名、電話番号などの個人情報が記載された資料が入っていた。

同社ではただちに被害届を提出するとともに、該当する顧客を訪問して経緯説明と謝罪を行っている。また再発防止に向け、顧客情報の保護に関する従業員教育の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円