Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、個人情報紛失でみちのく銀行に是正勧告

金融庁は、128万件の個人情報を紛失したみちのく銀行に対し、個人情報保護法の規定にもとづき、金融長官が勧告を行った。

同行が、顧客情報が記録されたCD-ROMを4月に紛失した事故を受けたもので、同庁では、「個人データの安全管理のための措置の実効性の確保」「個人データの安全管理を図るための従業者に対する監督の徹底」といった措置を求め、6月20日までに対応内容を報告するよう求めている。

同行では、今回の勧告について移送の際に行内規程通りに取り扱われていなかった点や、従業員の監督が不十分だったとし、個人情報データに係る安全管理措置等に問題があり、個人情報保護法や銀行法に違反していたことを認めている。

同行では、個人情報保護法による勧告以外についても、不祥事が多発したことから業務改善命令を受けており、健全な経営体制の確保や、法令等遵守や顧客情報管理態勢の確立を目指すとしている。また、外部指揮者が参加する「経営監視委員会」を設け、業務改善計画の実効性をチェックして行きたいとしている。

(Security NEXT - 2005/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃